投資用ワンルームマンションを購入するなら|資産運用マジック

女性オペレーター

参入障壁の低い投資物件

部屋

投資用ワンルームマンションは都心部を中心に比較的少額で投資が可能などの理由で人気を集めており、当面賃貸ニーズの減少も考え難いので、物件選びさえ間違わなければ比較的安定した投資となります。しかし、今後は同時期に売却ニーズが殺到する可能性が有りますので、売却時の想定はシビアに見積もっておく方が無難です。

詳細

人気が高い物件です

室内

投資用ワンルームマンションは投資対象として、非常に高い人気となってきています。様々な物件が建築されるようになっていますから。まずは自分の目で色々と確認をしてみましょう。立地や設備面などのチェックポイントは多数ありますから、細かくチェックするようにしましょう。

詳細

気軽に投資できます

集合住宅

立地が重要です

投資用ワンルームマンションの一室は給与所得者などが気軽に購入できます。ファミリータイプの居室と比較するとワンルームは価格が低いからです。一棟を保有する場合には高額な投資になりますが、一室であれば高額にはなりません。それでも、投資用ワンルームマンションは投資を賃料収入で回収するのですから、安定した賃料が得られることが重要です。投資用ワンルームマンションの成否は立地によって決まります。入居するのは独身者や単身者です。学生あるいは若い社会人が主体ですが、単身赴任の人も対象になります。通勤が便利で休日には都心に簡単に出かけることができる立地であることが入居者を安定して確保するためのポイントになります。

投資用ワンルームマンションに関しては、不動産所得として確定申告をする必要があります。給与所得者が所有する場合には、家賃収入と経費について必要書類を揃えて申告します。経費としては、固定資産税、不動産管理会社への支払いなどの他に減価償却費があります。減価償却費は帳簿上の経費で具体的な支出を伴いません。それ以外に、投資用ワンルームマンションの購入のための借入金があれば、支払い利息は経費になります。元利金の返済をしていても元本は経費には算入できません。減価償却費は不動産投資の一つのメリットであって、節税の効果があります。不動産所得は他の所得と合算して総合課税になりますので、赤字があれば損益通算できます。

ワンルームマンションとは

貯金箱

投資用ワンルームマンションの選び方で注意すべきなのは、管理がしっかりとされている物件を選ぶことが挙げられます。また、これからは値上がり期待の短期保有と共に、資産価値の高い物件を長期で保有するケースも増えると予測されます。

詳細