投資用ワンルームマンションを購入するなら|資産運用マジック

住宅

参入障壁の低い投資物件

部屋

少ない資金で投資が可能

不動産投資において比較的少額で保有できる物件となるのが投資用ワンルームマンションです。投資用ワンルームマンションが人気の理由は、不動産投資の盛んな都心部を中心にアクセスさえ良ければ絶対的な需要の数が多いことと、前途の通り比較的少額の負担で投資が行えること、更に投資物件の斡旋業者やマンション管理業者を利用すれば空室リスクを担保してくれたり、多少の利回りは落ちても一切の管理も請け負ってくれるなどといった投資家側のリスクや負担を軽減してくれる術が充実していることなどが挙げられます。こうした不動産投資物件における投資用ワンルームマンションのメリットに加えて、株式投資などの金融市場への投資と比べても、株式市場や為替相場などの影響から一線を画すという特徴もあり、物件の選び方さえ間違えなければ市況の影響に左右される度合いの少ない比較的安定した投資対象である点も人気を集める理由です。

強豪物件数の増加傾向

投資用ワンルームマンションの今後の動向としては、都心部を中心に引き続き数多くの対象物件が売りに出されることが予測されています。そして多くの物件が市場に出回る都心部では引き続き不動産価値の高騰傾向や、都心部への人口の一極化の傾向が続くことが見通されていますので、投資用に販売されるワンルームマンションを賃貸で借りたいという需要も大きく減少するリスクはほとんど無いと推測されています。しかし、このように同時期に同じような条件のワンルームマンションが投資用物件として数多く購入されますと、いずれ同じような時期に借り手の需要が減ることによってそれらの物件の大半が収益力が低下してしまいますので、これらの物件が一斉に売却される可能性が有ります。そうなった時に中古不動産市場において供給過多となってしまい、売却価格が当初の想定よりも下がってしまうということは想定されますので、投資用ワンルームマンションの物件の購入を検討する際は想定する売却時期における、売却可能額についての見通しをシビアに見積もっておくことが不動産投資で失敗しないための重要な要素といえます。